top of page

「秋の日を走る」 「 家城駅スタフ授受のレアな光景」

 前代未聞の言葉がおどる今年の夏もようやくすぎ、名松線の沿線は秋のメッセージを伝える光景がひろがります。

 抜けるような碧空のもとコスモスの群生が朝日に輝くかなたを一方、高く上った昼間の太陽がいろどるたわわに実った柿の実を車窓に映し、そしてつるべ落としの秋日の残照にサイドビューを染めて、秋の日和を今日も列車はを定時で走ります。

 又、JR線唯一のスタフ閉そく方式と票券閉そく方式が混在する、名松線家城駅では昭和時代さながらのレアなスタフ授受が行われます。




































Comments


特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page