top of page

2022紅葉渓谷を行く

 11月も半ばを過ぎました。名松線沿いの野山は錦秋の装いをととのえます。

正午の前後だけ射し込む日の光に照らされた紅葉の彼方を、渓谷沿いに単行列車が通りすぎます。また、伊勢奥津駅では秋空の下、色づいた蔦がSL時代の名残をのこす給水塔に彩りを添えます。一方、家城付近の雲出川を渡る橋梁まぢかの紅葉山もまた、ボリューム感あふれる色彩で迫ります。

 紅葉の饗宴を車窓に映し今日も定時で列車は走ります。










Comentários


特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page